気仙沼スポーツライダース(KSR)は約25年前に設立されたモトクロスチームである。現在は選手権への出場とオフロードモータースポーツ普及のために、 年2回の「KSRスーパーエンデューロ」を岩手県藤沢スポーツランドで開催している。

実行委員長 藤田 悦郎 

2010年を迎え、今まで本当に多くの皆様にご参加、ご協力を頂き今日まで営んできたKSRスーパーエンデューロ大会は前身である YSP気仙沼エンデューロ大会からを含め私が見ることが出来ただけでも現在国際A級ライダーがまだ小学生の頃にキッズクラスで参加いただいた大会であり、 海外で活躍する選手にも何度か参加頂き、会場を沸かせて頂きました。当大会はバイクショップの運営による「1メーカーへの依存」では無く、 当地方のメーカー系列や営業地区等の制約を排除してより多くのショップ、企業そして個人の方々の参加も呼びかけたいとの思いからです。 当地方にはモータースポーツに興味や関心があっても行動を起こせる環境にある方は極少数に限られるのではないかと常々考えていました。 そこで、例えばどこのバイクショップに行っていても、どこのチームいに入っていても、 そして個人であっても本当に気軽に楽しめる大会を運営したいという思いを現実にしたいと考えました。 現実としてレース競技を運営するというのは現在では収益や安全性を考えれば非常に難しい状況です。 冠スポンサーやMFJ公認等による「厳格で有名なレース」では無い当レースの存在意義はいったい何なのかを考えるに、 KSRスーパーエンデューロは当地方のライダーのスタートでありトレーニング場でる。そして過去激しいレースを戦ってきたライダーの憩いの場所であるべきだと考えます。 私たちは大会を続けて行く事で参加する皆様が常に楽しんで頂けるということだけを考え「手弁当で!」とにかくがんばっている次第です 。幸い既に多くの企業・バイクショップ・個人よりご理解と多大なご協力を頂き、現在までそしてこれから参加いただく皆様へのモータースポーツへの愛情を更なるものへと押し広げる所存です

競技実行委員会方針について(2005年1月15日改定)

エンデューロ実行委員会を組織するにあたり以下の通りの規約を定める。
実行委員は全ての事項についても熟知した上で行動すること。

1) 名称

モータースポーツ競技会運営のために「KSRスーパーエンデューロ競技実行委員会」を組織いたします。

2) 活動内容

モータースポーツ振興と競技者の開拓と育成のためにオフロードモータースポーツ競技大会を運営を行う。利潤を求めず、 大会運営においての繰越予算は全てそれ以降の大会の運営活動に充てる

3) 委員会会員

畠山 稔を代表として、モータースポーツ団体「気仙沼スポーツライダース」を中心とするモータースポーツの発展を志す者で構成される。

4) 事務局

宮城県気仙沼市本吉町大朴木33(事務局としてであり、常時在駐するものでない)

5) 実行委員の報酬など

原則無報酬。但し競技の準備、運営において必要な作業を業務として行っている事業所・個人などはこの限りではない。

6) 会計報告など

毎大会の終了時に会計担当者から会計の報告を行い、委員会会長の承認を受ける。

7) 委員会会員規則

1、委員会会員は競技会・イベントの運営において、参加競技者また観覧者の安全を第一に優先した行動をとる

2、委員会会員は競技参加者の更なるモータースポーツへの親交と競技者同士の親善を図るべく行動する

3、参加競技者の個人情報の管理には細心の注意を払い、競技会の開催と運営以外での利用と公開は一切行わない。   但し、公的機関からの正式な要請についてはこの限りでは無い。

4、自然環境の保護を念頭においた運営であること。参加競技者への協力を惜しまない事。